☆Herb&Candle コトリノキ ☆自家製ハーブ、キャンドル、リース制作。素敵生活に憧れて

「ハーブ」と「キャンドル」が大好き!でも、学ぶのはこれから♪ 自家製ハーブを使って沢山の人が癒されるような作品、いつかはハーブを使ったカフェの開業。などなど、人生豊かな暮らしを夢見るアラフォーのブログです。初心者ならではの疑問や資格についての情報、日々の生活についてちょっとずつ書いています。

③日本ハーブ検定~リンデン編

こんにちは。

寒いのも嫌ですが、暑すぎるのもつらいコトリノキです。


前回はハイビスカスでしたね。

今日は、リンデンです!


リンデンといえば、私が10年以上も通い続けてるとっても大好きな

クッキーというかブラウニーが絶品で癖になるお店「リンデンバウム」を

思い出してしまうのですが。(仙台の人ならわかるはず!)


「リンデン」という名前のお花はお花屋さんにいっても見かけないし、

今回をきっかけにしりました。


何事も最初はありますからね。


*写真はグーグル、ウィキペディアより拝借


【3】リンデン(LINDEN)←ドイツ語 

  (和名;セイヨウボダイジュ) 



①学名:Tiliaティリア)europaea(エウロパエラ)

ラテン語 シナノキ(tilia)が語源

europaea ;ヨーロッパの意味。ヨーロッパの植物療法に利用。 


*他に和名があるハーブ

・ジャーマンカモミール:カミレツ

・マルベリー:クワ

・ラズベリーリーフ:ヨーロッパキイチゴ

・パッションフラワー:チャボトケイソウ


〇「セイヨウ○○」シリーズ

トル:セイヨウイラクサ

ントジョンズワート:セイヨウオトギリソウ

ルダーフラワー:セイヨウニワトコ

・ペパーミント:セイヨウハッカ


②科名:アオイ科(シナノキ科)⇒リンデンのみ!


③使用部位:花(クリーム色、甘い香り)・葉 ⇒リンデンのみ! 

甘い香り⇒精油成分のファルネソールが放つ 

 花から、ハチミツも取れる。


④関連するお話し。

・ドイツ、フランスの代表的な樹木(高さ20~30mの巨木で、ハート形の葉)


・シューベルト「Lindenmaum」の中でも歌われている。


・「Good night tea」: 寝るに飲むと質の高い睡眠おもたらす。


⑤主要成分

【フラボノイド配糖体】

ルチン・・他にネトル、セントジョンズワート、エルダーフラワー)

・ヒペロシド(他にセントジョンズワート)

ティリロシド)


【多糖類】

アラビノガラクタン.・・リンデンのみ!  粘液質

*粘液質・・多糖類から成り、粘膜保護作用

 他に:エルダーフラワー、ウスベニアオイ、ハイビスカス


タンニン】

 収れん、抗酸化、傷口保護(たんぱく質を固める、渋味成分)

 他に:ペパーミント、ラズベリーリーフ、ウスベニアオイ、セントジョンズワート


フェノール酸】

・カフェ酸

ロロゲン酸


・精油(ファルネソール) ⇒甘い香り⇒心身の緊張を和らげる

脂溶性の芳香成分・・油に溶けやすい。



*フラボノイドとフェノール化合物=発汗ハーブ ←エルダーフラワーと共通


⑥作用/適応 

発汗、利尿、鎮静 ➡葉


上気道カタル・・気管支炎

・高血圧

不眠

・風邪


成分名もカタカナだらけで混乱しますね~。

お疲れ様でした~!


明日はネトルです。




最後まで読んでいただきありがとうございました。ペコ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ